信託業務

当社でお取扱いしている信託商品・サービスについてご案内いたします。

特定金銭信託・特定金外信託

主として有価証券への運用を目的として、委託者の指図どおりに運用・管理を行う信託です。

単独運用指定金銭信託(指定単)、単独運用指定金外信託(ファンドトラスト)

委託者が指定した運用財産の種類・運用方法等の範囲内で、受託者の裁量によって運用・管理を行う信託です。合同運用指定金銭信託と異なり、委託者ごとに個別に信託財産を運用するため、委託者の個別意思に適応した信託契約が可能です。大口の資金を単独で運用するため、事業法人、年金や公的資金の信託に活用されております。

合同運用指定金銭信託

同一の契約、約款に基づき信託財産を他の信託財産と合同して運用・管理する金銭信託です。単独で運用することが困難な小額の資金についても、合同運用することで巨額資金として有利に運用することができます。

包括信託

有価証券と金銭等の複数の財産を一つの信託により引き受ける信託です。

年金信託

年金には国民年金や厚生年金に代表される公的年金と厚生年金基金や確定給付企業年金、確定拠出年金、国民年金基金に代表される私的年金があります。

当社では、厚生年金基金や確定給付企業年金、確定拠出年金、国民年金基金等の私的年金の財産の管理、運用等を行っております。

投資信託(受託)

委託者(投資信託委託会社)の指図に基づいて信託財産を有価証券、不動産等に運用し、受益権を分割して複数の者に取得させる目的の信託です。当社では、数ある信託業務の中でも特に投資信託受託業務に注力しております。

投資信託関連ビジネスについて

有価証券の信託

信託設定の際、有価証券が信託財産である信託です。有価証券の信託の種類としては、委託者の目的により、(1)有価証券の管理自体を目的とする有価証券管理信託、(2)有価証券の処分を目的とする有価証券処分信託の2種類があります。

信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)について