ラップ信託

長期運用いただきながら、大切な方へ資産をのこすお手伝いをいたします

野村SMAでの運用

当初委託者 兼 第一受益者は、ご資産を野村SMAで運用いただきます。
資産配分・運用商品の変更や増減額、解約が可能です。

  • 当初委託者 兼 第一受益者は野村證券と投資一任契約を締結します。

通常の野村SMAの運用に比べて追加コストはありません。

運用の継続

第二受益者にも運用報告書が郵送され、引き継ぐ予定の資産内容を把握していただけます。
当初委託者の相続発生後は第二受益者に信託受益権が移り、野村SMAの運用を引き継ぎます。

  • 第二受益者はあらかじめ野村證券と停止条件付一任契約を締結します。
  • 野村SMAは野村證券株式会社が提供する投資一任サービスです。詳しくは、画面右側の野村證券株式会社のホームページリンクからご覧ください。
相続人の指定

ご資産を引き継ぐ相続人等(第二受益者)を指定していただきます。

  • 引き継ぐ方は6親等内の親族から指定していただけます。途中で変更も可能です。
  • 相続発生時に引き継ぐ受益者が不在の場合、解約となります。

第二受益者が引き継いだ後、改めて次の受益者となるべき方を指定することもできます。

簡単な相続手続き

「死亡届の写し」等を受領後、4営業日程度で受益者変更のお手続きは完了します。
ラップ信託は遺産分割協議の対象外となります。

  • 信託契約により資産を承継します。
  • 詳しくはサービス内容説明書のご相続発生時のお取扱い(受益者の変更)をご覧ください。

ラップ信託とは

ご契約時~お客様(当初委託者 兼 第一受益者)のご相続発生前
  • 野村證券は、当初委託者 兼 第一受益者との投資一任契約に基づき、投資判断をおこないます。
  • 野村信託銀行は、当初委託者 兼 第一受益者の財産を管理し、野村證券からの指図に基づき、専用投資信託を売買します。
  • 当初委託者 兼 第一受益者にはラップ信託契約ごとに資産を引き継がれるご相続人等(第二受益者)を1名指定していただきます。
  • 運用資産を引き継がれるご相続人等(第二受益者)には、あらかじめ、野村證券と停止条件付投資一任契約を締結いただきます。
お客様(当初委託者 兼 第一受益者)に、ご相続が発生した後
  • 当初委託者 兼 第一受益者にご相続が発生した場合、簡単なお手続きでラップ信託の受益者が第二受益者に変更されます。
  • 野村證券は、あらかじめ第二受益者に締結いただいた停止条件付投資一任契約に基づき、投資判断を継続しておこないます。

ラップ信託の運用の流れ

ラップ信託の料金

直接ご負担いただく費用 = 
(A)投資一任受任料 + (B)SMA手数料

(A)投資一任受任料

投資一任運用サービスにかかる費用です(野村證券にお支払いいただきます。)。
料率表は「国内債券」「外国債券」「左記以外」に分かれます。

資産クラスの計算基準金額ごとに、次の料率が適用されます。

年率、税込み(カッコ内は税抜き)

評価額 国内債券 外国債券 左記以外
1億円以下の部分につき 0.0660% (0.06%) 0.0660% (0.06%) 0.1100% (0.10%)
1億円超
10億円以下の部分につき
0.0550% (0.05%) 0.0550% (0.05%) 0.0770% (0.07%)
10億円超
30億円以下の部分につき
0.0550% (0.05%) 0.0550% (0.05%) 0.0770% (0.07%)
30億円超
50億円以下の部分につき
0.0550% (0.05%) 0.0550% (0.05%) 0.0770% (0.07%)
50億円超の部分につき 0.0550% (0.05%) 0.0550% (0.05%) 0.0660% (0.06%)

間接的にご負担いただく費用

  • 運用管理費用(専用投資信託にかかる信託報酬)
  • 信託財産留保額
  • 投資信託では運用管理費用(専用投資信託に係る信託報酬)(最大で信託財産の4.00%(概算)(税込み・年率))、信託財産留保額(最大で信託財産の0.5%)、その他費用をご負担いただきます。その他費用は運用状況等により変動するため、事前に上限額等を示すことができません。また、投資一任契約に基づく投資信託への投資は、投資信託の基準価額等が変動しますので損失が生じるおそれがあります。詳しくは、目論見書をよくお読みください。

(B)SMA手数料(野村信託銀行の信託報酬を含む)

有価証券の売買や管理にかかる費用です(野村證券にお支払いいただきます。)。
料率表は「国内債券」「外国債券」「左記以外」に分かれます。

資産クラスの計算基準金額ごとに、次の料率が適用されます。

年率、税込み(カッコ内は税抜き)

評価額 国内債券 外国債券 左記以外
5千万円以下の部分につき 0.3740% (0.34%) 0.9020% (0.82%) 1.5400% (1.40%)
5千万円超
1億円以下の部分につき
0.3740% (0.34%) 0.7700% (0.70%) 1.3200% (1.20%)
1億円超
3億円以下の部分につき
0.2750% (0.25%) 0.6380% (0.58%) 1.1000% (1.00%)
3億円超
5億円以下の部分につき
0.1650% (0.15%) 0.5060% (0.46%) 0.8800% (0.80%)
5億円超
10億円以下の部分につき
0.1650% (0.15%) 0.4400% (0.40%) 0.7700% (0.70%)
10億円超
30億円以下の部分につき
0.1650% (0.15%) 0.4290% (0.39%) 0.7480% (0.68%)
30億円超
50億円以下の部分につき
0.1650% (0.15%) 0.4180% (0.38%) 0.7370% (0.67%)
50億円超の部分につき 0.1650% (0.15%) 0.3740% (0.34%) 0.6820% (0.62%)
  • 上記の料率は2019年10月時点のものです。最新の料率は、サービス内容説明書(PDF:6.44MB)をご覧ください。
  • 短期金融資産については、一律0%とします。
  • SMA手数料には、お客様が野村信託銀行に支払うラップ信託契約にかかる信託報酬が含まれており、SMA手数料のうち、信託報酬に相当する部分は、野村證券が野村信託銀行に代わって受領し、野村信託銀行に支払います。
    なお、当初委託者 兼 第一受益者に相続が発生し、ラップ信託が第二受益者に引き継がれた後も、同様の方法で払い込みをおこないます。
  • 野村信託銀行の信託報酬は、資産クラスに限らず、所定の基準日における信託報酬計算基準金額に年率0.2%を乗じた金額です。

ご留意事項

  • ラップ信託は預金ではありません。また、預金保険の対象ではありません。
  • ラップ信託に、元本の補てん、利益の補足はありません。
  • ラップ信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • ラップ信託の信託受益権は、野村信託銀行以外の第三者に譲渡又は質入れすることはできません。
  • 信託財産の運用により生じた利益・損失はすべて受益者であるお客様に帰属します。ラップ信託の運用対象商品には、信用リスク、金利変動リスク、為替変動リスクが伴うため、信託財産の時価総額は投資元本を割り込むことがあります。
  • 詳細はサービス内容説明書(PDF:6.44MB)でご確認ください。

詳しくは、野村證券(野村證券は、野村信託銀行の代理店です。)のお取引店または、お近くの野村證券本・支店へお問い合わせください。

野村證券 店舗のご案内